3Dプリンタをファッションに活用

最近、3Dプリンタが家庭用で販売されはじめ、巷で話題になっています。
ファッションアクセサリーなども作れて便利ですよね。
3Dプリンタを販売しているアメリカの会社が合併したことにより、製造業界を震撼させたそうです。世の中の流れとして製造業のあり方は変わってくるように思うのですが、私の想像力が乏しいだけなのか、3Dプリンタ事態になかなか魅力は感じられません。
図面を引く、CADでモデリングを行うという行為はある程度習得しなければならない技術があります。そして、形を作るだけならば一般の人でも作れるようなソフトなり、方法が今後、出回ってくることでしょう。しかし、「形」だけでは物を作ることにはなりません。「材料」もあり、その材質も多々あるでしょう。「形」にしても、精度、形状、ノウハウなど考えなければならないことはたくさんあります。そして、現在使用されている3Dプリンタの発祥は我々日本の技術だそうです。これから注目されることは間違いない技術なだけに、業界の方々だけでなく、多くの人が注目しなければならない分野であることには間違いありません。

コメントを残す